フィジカルアセスメント講習

先日までコートを着だすタイミングを伺っていましたが

今ではすっかり冬仕様の上着でモコモコ状態です。

こんにちは!ファル・メイト東京支社の五十嵐です。

 

さて先日、日本薬科大学同窓会が主催する

【フィジカルアセスメント講習】に参加して参りました。

 

2010年に厚生労働省から薬剤師の積極的な薬物療法への

参画が明記された通知がでたことを受け、

以来、各地でフィジカルアセスメントに対する取組が活発化しております。

薬局では在宅対応など増加し、薬剤師が患者様と密に関わることも多くなり、

今後は薬剤師がフィジカルアセスメントを行う、

つまり視診や聴診・触診などによって患者さんの全身状態を

評価することは、副作用の防止や薬物療法の効果の判定に

必要になってくると言われています。

 

そういった現状もあり、薬科大学では授業でフィジカルアセスメントの

授業を取り入れたり、このような講習会を年に数回開催されています。

 

今回参加した講習会では現役の「医師」と「大学講師」の方が講師をされ、

オリジナルテキストを用いた講義・実習を含めた充実の内容でした。

 

IMG_4233

 

実習では、水銀血圧計・アネロイド型血圧計の使用方法を習い

実際に聴診器も使って血圧を測ったり、

(初めて血圧の測定の仕方を理解しました!)

 

聴診器で心音と呼吸音の聴診をしたり、

(ファル・メイトスタッフがひと肌脱いで健常人モデルで参加しました)

IMG_4234

 

その他、患者シュミレーターの人形を使って

心音や呼吸音の異常音バージョンも聴診しました。

異常音といってもかすかな音の上、心臓の音と呼吸音が

同時に聞こえる中聞き分けなければならないので、

初心者にはとても難しかったですね…。

 

心電図の読み方まで講義をしてくださいました。

IMG_4245

IMG_4247

 

通常のフィジカルアセスメント講習では講義が中心となり

実習や心電図の読み方まで触れることはあまり多くなく、

こちらの講習ではなかなか他では学べないことを

知る事ができ講習でした。

 

日本薬剤師研修センター の研修シールも2 単位分とれ、

大学長名の修了証も発行されました。

 

 

 

今回もファル・メイトご登録の方が数名ご参加いただき

とてもご好評をいただきました。

 

また、今後開催される講習会のご案内などご登録の皆様に

お知らせさせていただきたいと思います。

ファル・メイトご登録の方は割引価格で受講いただけますので

お時間が合いましたら、ぜひ皆様奮ってご参加くださいませ!

コメントをどうぞ