ブランクの長い薬剤師の職場復帰!不安を解消するポイント徹底解説

薬剤師の志望動機の書き方!有利な書き方のポイントをご紹介

薬剤師は一般的な職業に比べて出産・育児や親の介護などによるブランクがあっても転職しやすい職種だといわれています。
なぜなら、医療の現場では、まだまだ薬剤師は不足しており、転職に有利な売り手市場が続いています。ブランクがあっても大丈夫という求人は多く、正社員募集だけでなくパート・派遣という、ブランク明けの薬剤師にとって働きやすい求人もたくさん出ています。
しかし、実際に長いブランクを経て再就職する方は色々と心配事が尽きないのではないでしょうか。そうした不安を解消するための方法について記載していこうと思います。

・ブランクからの復帰ってなぜ不安?
ブランク明けの復帰を不安に感じる方は実際にはどこに不安を感じているのかというと、主に以下3点のいずれかを不安に感じている方がほとんどです。
では上記不安を解消するためにはどうしたらよいのでしょうか。
・ブランクからの復帰で不安を解消する方法
それでは、先述致しました5つのポイントについてより詳しくみていきましょう。

では少しでも不安を解消するためにしたほうが良いこととは何でしょうか。上記で上げた①~③ごとにそれぞれ見ていきましょう。

①「薬の知識」
薬の知識について解決するためには、やはり独学で勉強するしかありません。書籍や雑誌、MPラーニングなどインターネットなどで学ぶことが可能です。他にも研修会への参加、通信講座を受けることにより知識を得ることが可能です。どのような方法で学ぶにしろ、お金が発生します。お金を払ってまでという方もいらっしゃると思いますが、薬の知識は思っている以上に大事ですので、大きく変化したところだけでも集中的にして覚えておくべきです。

ただし、直前に少し勉強をしたからと言ってすぐに不安を解消できるものではございません。インターネットなどで用意に情報収集できる時代だからこそ、産休、育休中でも復帰後のことを考えて定期的に勉強する時間を設けることが何よりの防止策です。


②「勤務時間」
勤務時間については週に何日、何時から何時まで働けるのかは本人の状況により様々です。
また勤務先の住所やお子様のいる方であれば預け先などによっても変わってきます。
現職先で復帰予定の方であれば、復帰時の勤務日、時間、店舗などを明確に確認して復帰が可能なのかを確認するしかありません。
その中で現職先と折り合いをつけるのが難しいようであれば、思い切って違う職場を探すことも一つの方法です。

実際に復帰した場合にはどのような働き方になるのかはその時の職場の状況によるところが大きいですが、事前に休職から復帰された方がどのように働いているのか、定期的に人事と連絡を取り、現職先がどのような状況なのかを把握しておくこともとても大事です。
一番避けなければいけないことは、復帰予定日の直前で確認をしたところ、とても働ける条件ではないため復帰ができない、と慌てて他を探すことです。


③「人間関係」
人間関係について解決するためには、実際に職場見学に行くことをお勧めしています。実際に働いている現場をみて、現職先であれば休職前と状況が変わっていないか、変わっていても問題なく勤務できる環境なのか、などをしっかりとご自身で職場に赴き感じることが大事です。

もし復帰のタイミングで新しい職場を探される方であれば職場の雰囲気や働いている人の年齢層など情報を知ることが大事です。面接時に話していたことと違うことが、見学をすれば発見できるかもしれません。

また育児をしながら働かれる方の場合、勤務予定の店舗が育児に理解のある環境なのかもとても大事です。実際に子育てをされながら働かれている方の多い店舗であれば比較的安心できますが、安心して働くためにも人事の方の話だけではなく、ご自身でしっかりと現場の確認することをお勧めします。
・復帰をする際に準備しておくこと
それではいざ復帰をする際には何を準備したらよいのでしょうか。基本的には転職をする際と同じですが、具体的な希望条件と優先順位を明確にすることが必要です。
具体的には、いつから働けるのか、週に何日(何曜日に)、何時から何時まで働けるのか、希望の年収、時給はいくらなのか、などです。
特にブランクの期間が長い方は、働いていた当時はかなりの売手市場で好条件の求人が多く、そのころの年収時給を基準に希望を出される方も多いです。ですがそのような求人は現在ではかなり少なくなってきております。しっかりと現在の市場を理解したうえで何を優先するのかを明確にして探すことをお勧めします。

なお、復帰のタイミングで今までと異なる企業で就業をされる方は、必ず面接時にブランクの理由を聞かれますので必ず面接前には回答を準備しておきましょう。
・新しい職場で復帰する際の雇用形態について
薬剤師に限らず一般的な勤務形態としては主に「正社員」「パート」「派遣」の3つです。
ブランク明けで転職するにあたってそれぞれの良いところ悪いところを紹介します。

●正社員
すぐにフルタイムでの勤務を考えられている方の場合、正社員を考える方が多いです。
正社員を選択することのメリットは、収入が安定していること、他の雇用形態よりも福利厚生が整っていること、自身のやりがいやキャリアアップなどではないでしょうか。
デメリットとしてはそれぞれの業務に対する責任が重く、勤務シフトや時間、業務内容が融通を利かせにくいことなどが挙げられます。

ただし正社員で探されるのであればもちろんブランク期間ができるだけ短い方が有利です。ですが、すでにブランクがあるのであれば、復帰が1,2カ月遅くなったからといって評価が変わることはほとんどございません。それであれば下手に焦って決めるのではなく、長く働ける職場を見極めることの方が大切ですので、しっかりとキャリアプランを考えたうえで、自分に合った企業をしっかりと探すことを第一に考えましょう。

●パート
パートは会社との直接雇用契約になりますが、相談の上で短時間での勤務が可能です。ブランクがあって、自宅近くの薬局で短い時間だけ働きたいというような方に向いています。
パートを選択するメリットは、希望の時間を申告してシフトを作成してもらえることです。また子育てをしている場合、同じ環境のパート仲間が多い職場なら理解を得やすいこともメリットになります。
デメリットとして、希望の時間帯で働くことはできますが、希望通りのシフトで働けない可能性があること、正社員や派遣と比べて収入面が少なくなることもパートのデメリットのひとつです。

●派遣
派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んで、派遣先の薬局で働くというシステムです。希望の勤務日数・時間を派遣会社に伝えておけば、条件に合う職場を紹介してくれます。メリットは、自身の生活リズムに合わせた環境で働けることです。また、困ったことがあれば派遣会社の担当者に相談することもできるので、仕事内容や人間関係などの不安も解消できます。
デメリットは、 派遣は契約期間が設けられているため、職場を変わることが多く、そのたびに処方内容などを覚えなくてはならないということがあります。
また、正社員のようにボーナスや退職金がないことが挙げられます。しかし、ボーナスがない分時給も高く設定されているので、一概にデメリットともいえません。

また一定期間派遣で就業したうえで、最終的に直接雇用に切り替えるのか判断ができる「紹介予定派遣」という制度もあります。
ブランクのある方の場合、実際に復帰してみると体力面や知識面で思っていたよりも苦労されて、当初の希望を考え直す方も多数いらっしゃいます。最初から正社員やパートで決めてしまうと、その後で条件面を変更することは難しくなってしまいますが、実際に一定期間働いてみて判断をすることができるので特にブランクのある方には安心して直接雇用に切り替えることができるオススメの働き方です。
・まとめ
ブランク後の復職・転職の点について記載させていただきましたが、職場の環境や働き方を考えるのは難しいと思います。そのため復職をする際に転職エージェントの利用をお勧めします。求人の紹介だけでなく、職場の内情や将来の為のアドバイスもいただけます。当社でもお手伝いをしておりますので、少しでも復職・転職をお考えの方はお気軽にご相談くださいませ。

求人ワード検索

地域・駅・店舗・企業名

都道府県で簡易検索

関東エリア

関西エリア

他エリア

就活メイト
お友達紹介キャンペーン
ご登録からご就業までの流れについて
ファルメイト新規会員登録はこちら ファル・メイトのスタッフ紹介 ファル・メイトのブログ