ドラッグストア勤務薬剤師の月収・年収事情について解説

気になる!?ドラッグストアの年収事情

一般的に調剤薬局、ドラッグストア、病院の3つの内、ドラッグストアが一番高年収というイメージを持たれている方も多いと思いますが、実際にはどうなのでしょうか。
弊社独自調べによる薬剤師の平均年収表と、年代、性別での平均年収は以下の通りです。

ドラッグストア薬剤師平均年収表

ドラッグストア薬剤師平均年収表(年代・性別)

上記の通りやはりドラッグストアの年収は調剤薬局、病院と比べ高いことがわかります。
※上記年収はコロナ禍以前に弊社独自調べにて算出した平均年収です。

【他の職場と比較すると高い?】

薬剤師の勤務先としてはドラッグストア、調剤薬局、病院、その他企業(製薬会社など)の4つが主な就業先となります。
弊社調べによる就業先ごとの平均年収は以下表の通りです。

就業先別平均年収表

製薬会社MRを筆頭に製薬関係企業の年収は高い傾向にありますが、次いでドラッグストア、調剤薬局、病院という順となります。
またドラッグストアの場合、一般的に調剤薬局と比べ営業時間が長く、残業も増えやすい傾向にあります。



【実際に働いている人の声は?満足度は?】

それでドラッグストアで働いている薬剤師の年収や満足度はどうなのでしょうか。
弊社にて実施したドラッグストア勤務の薬剤師を対象としたアンケート回答をいくつか見てみましょう。

① 20代男性 年収580万
現職先のドラッグストアに新卒入社をしました。全国転勤の可能性がありますが、現在残業代込ではありますが年収で600万弱と同年代と比べるともらえている方だと思います。
今後も昇給や役職手当などで年収の上がる見込みもあるので満足して働けています。

② 30代女性 年収600万
調剤薬局からドラッグストアに転職をして現職先で5年目です。比較的残業の少ない店舗で働けているのは良いが、遅番での勤務シフトが多いことが不満です。
子供ができて育休後も遅番中心のシフトだと続けることができないのでその場合はできれば時短パートで復帰したいが今の店舗では難しそう…

③ 40代男性 年収670万
一人薬剤師の店舗で管理薬剤師として勤務しています。枚数も多くないので年収には満足しています。
一人薬剤師のため、急な体調不良等による欠勤も含め、気持ち的に休みを取りにくいことは不満ですが、一人薬剤師の店舗であればしょうがないので諦めています。

④ 50代男性 年収650万
調剤薬局に比べると年収は高いが、土日含めたシフト制で遅い時間まで勤務することも多々あるため調剤薬局の方が働きやすいと感じる。
年齢も年齢なので今から転職をするかはわからないが、個人的には50代以降で長く働きたいと考えている人には年収が低くても調剤薬局の方が良いと感じる。



【ドラッグストア勤務のメリットは?】

それでは調剤薬局や病院と比べ、ドラッグストアで働くメリットは何があるのでしょうか。
一般的な条件としては大きく次の3つがあります。

1. 給与が高い
調剤薬局や病院と比べて年収が高いということは大きなメリットの一つです。
特にドラッグストアの場合、営業時間が調剤薬局や病院と比較すると長いため、店舗によっては残業代だけでもかなりの額になるケースもあるので、収入を重要視されている方には特におすすめの勤務先です。
正社員のみでなくパート時給もエリアや店舗によっては調剤薬局に比べ数百円高い場合もあるなど高時給を得やすいです。

2. 福利厚生が充実している
ドラッグストア業界では100店舗を超える企業規模の大きい企業が大半を占めております。企業規模が大きいと、残業代の規定や産休や育休などの福利厚生面も整っており就業条件面で安心して働くことができます。
また多くの場合近隣エリアで複数店舗があるので、お休み希望や急な病欠なども含め人員面でフォローしやすい環境であることが多いです。

3. 調剤業務以外のスキルが身につく
ドラッグストアでの勤務の場合、OTC販売を含めた接客やレジ打ちに加え、品出しや在庫管理、商品販売のためのポップ作成など店舗運営のノウハウを身に着けることのできる職場です。



【ドラッグストア勤務のデメリットは?】

それでは逆にドラッグストアで働くデメリットとは何があるのでしょうか。
一般的なデメリットとして以下の2つがあります。

1. 勤務がシフト制である
多くの場合、ドラッグストアでは土日祝も含め年中無休での営業をしていることがほとんどです。したがってお盆や年末年始、GWなどの連休は従業員も休み希望とする方が多いためお休みを取れる可能性は低くなります。
また、調剤薬局や病院と比べ、20時以降の遅い時間までの遅番のシフトが求められる可能性が高いためその点も人によってはデメリットです。

2. 調剤業務以外の業務も発生するため忙しい傾向がある
メリットでも記載致しましたが、ドラッグストアの場合、OTC販売を含めた接客やレジ打ち、品出し、在庫管理、ポップ作成など店舗運営に関するその他の業務も多くあります。
そのため調剤業務、病棟業務のような薬剤師業務だけに集中すればいいというわけではないため、比較的忙しい傾向がございます。



【ドラッグストア勤務で年収UPを目指すには?】

ドラッグストア勤務で年収UPを目指すにはどのようにしたらよいのでしょうか。
まずドラッグストアではOTC販売メインと調剤業務メインの店舗で分かれています。企業によっては希望によりOTC専門、調剤専門と分けているところもございますが、必ず調剤業務メインでの働き方を希望しましょう。
理由としてOTC販売はある程度は登録販売者だけでも行える部分があるため、人件費の高い薬剤師は調剤業務をメインに採用をする流れとなってきています。現に大手ドラッグストアではOTC希望の薬剤師は一切採用をしなくなった企業もありますので、これからもOTC専門で業務を行っていくのであれば年収は上がりにくくなってしまうでしょう。

次に管理薬剤師や店長、エリアマネージャーといった役職を得ていくためのキャリアアップをしていくことが大事です。ドラッグストアでは店舗数が多いので上記ポストの数も多くあるので企業内でしっかりとキャリアアップしていくことが年収UPの一番の近道です。

最後に年収を上げるために紹介会社を経由して転職をすることも年収UPの一つの方法です。なかなか個人での条件交渉は難しい部分もあるので紹介会社経由でしっかりと条件交渉をしてもらえると年収UPにつながる可能性が上がります。

まとめ

ドラッグストア勤務の薬剤師について年収比較や実際に働いている方の声、ドラッグストア勤務のメリット、デメリットなどを記載致しましたがいかがでしたでしょうか。 ドラッグストアを含む薬剤師の転職市場としては年々、有効求人倍率が下がり、これからも同様に下がっていくことが見込まれます。
このような市場状況ではこれまでのように薬剤師免許証があるというだけでは転職が難しくなっていきますので、どのような経験を積んできたのか、薬剤師としてどのように働いていきたいのかという具体的なキャリアプランを持ち、実行していくことが求められていく時代になっていきます。
ファル・メイトでは雇用形態問わず、求職者が納得のいく転職ができるよう手厚い転職支援を行っておりますので、転職等をお考えの際には是非一度、ファル・メイトへお問い合わせくださいませ。

求人ワード検索

地域・駅・店舗・企業名

都道府県で簡易検索

関東エリア

関西エリア

東海エリア

東北エリア

九州エリア

就活メイト
ご登録からご就業までの流れについて
ファルメイト新規会員登録はこちら ファル・メイトのスタッフ紹介 ファル・メイトのブログ