薬剤師の平均年収はどのくらい?

都市部よりも地方が年収高いって本当?

薬剤師というと調剤薬局などでは都市部よりも地方の年収が高いイメージを持たれている方も多くいらっしゃいますが実際のところはどうなのでしょうか。
今回は厚生労働省が公表している賃金基本統計調査の年収をベースに弊社にご依頼をいただいている実際の求人年収なども加味した弊社調べにおける都道府県別の調剤薬局年収一覧を作成しましたので早速見てみましょう。

地域別収入

上記表を見ると一目瞭然ですね。都市部よりも年収の低い地方もありますが、主要都市である東京や大阪、名古屋の年収はそこまで高いわけではなく、全国平均530.5万円より下回る結果となりました。
転職の際に年収を上げたいと考えている場合には、勤務地を地方の高年収エリアに変えるというのも一つの手段ではあります。

次に企業規模別に薬剤師の年収に違いがあるのかを見てみましょう。

企業別収入

上記の通り企業規模が小さいほど、平均年収が高くなるという結果が出ております。
こうなる理由は主に二つあります。

一つ目は企業規模が小さいほど採用難易度が高くなるため、採用のためにわかりやすく年収を高くする傾向があることです。企業規模が大きいほど福利厚生が手厚いので、福利厚生面で見劣りする分、収入面を高くして求職者に興味をもってもらえるようにしていることが多いです。

二つ目は平均年齢の若さです。見ての通り企業規模の大きさに準じて平均年齢が若くなってきております。これにはいくつか理由がありますが、まずは女性の多い職場において産休・育休後にパートなどの時短勤務に切り替えられる方が多いことです。上記表は正社員が対象であり、パート等に切り替えられた方は除外しております。加えて薬剤師の新卒市場では小規模の薬局では広告費用面や教育面的に採用が難しいこともあり、どうしても大手に新卒が流れる傾向があるため、必然的に平均年齢が若くなり、それに伴って平均年収も低くなります。


以上より、あくまで参考数値であり、例外的に大手でも高年収、小規模でも低年収の求人ももちろんございますが、一般的には年収だけを見た場合、勤務地を地方にする、企業希望の小さい薬局を選ぶことで年収を上げることができそうですね。

【薬剤師の働き方ごとの収入の違い】

それでは次にそれぞれ職種ごとの平均的な年収一覧表を見てみましょう。

職種別収入

上記一覧表からもわかる通り、製薬会社MRなどの製薬関係企業の年収が一番高く、次にドラッグストア、調剤薬局、病院という順になっております。
もちろんあくまで平均年収ですので、調剤薬局の勤務薬剤師だから年収550万以上の求人が無いというわけではございませんし、病院でも高年収の求人もございます。
それぞれの年収や働き方の特徴なども含めてみていきましょう。
※詳しい業務内容を知りたい方はどんな仕事があるだろう 専門業界編をご覧ください。



① 調剤薬局
薬学部を卒業された方の一番多い勤め先が調剤薬局です。主に年収は新卒でも400万を超える年収となることがほとんどです。

調剤薬局数は日本全国で調剤薬局が5万店以上(コンビニより多い)あることで、引越し等があったとしても次の就業先を見つけやすい点も特徴です。
また一般的な職業は地方より都市部の年収が高くなるケースが多いですが、調剤薬局においては田舎など地方エリアのほうが薬剤師不足により年収が高くなりやすいケースが多く、中規模以上のエリア展開をしている薬局では、転勤可能な全国職や特定地域の勤務薬剤師に対して手当てをつけられている薬局も多くあります。

主な業務内容としては医療機関より処方箋を持ってこられた患者様に対して処方箋に従い薬を作り、実際に患者様に服用方法などの説明をすることです。
昨今では高齢化が進むとともに施設・個人宅への在宅医療に取り組む薬局も年々増えてきており、今後は在宅医療経験者がより求められる時代になることが予想されます。



② ドラックストア
薬学部卒業生の進路として調剤薬局の次に多いのがドラッグストアです。一般的には調剤薬局と比べても年収が高い傾向にあり、新卒でも500万近い年収を得られるケースもございます。

主な業務としては調剤薬局勤務と同様に処方箋を受ける調剤業務と一般医薬品販売の接客や管理を行うOTC業務の2種類がございます。
ドラッグストアによっては本人希望で業務を選択できる場合もございます。ドラッグストアは調剤薬局と比べて営業時間が長く、調剤の受付時間を比べても調剤薬局に比べ遅い時間や土日祝でも受け付けているケースも多いです。
そのため調剤薬局に比べて残業や夜間勤務等が付きやすくその分、必然的に年収も多くなりやすい傾向です。



③ 病院
病院勤務の場合の年収は調剤薬局やドラッグストアに比べ低い傾向にあります。
ですが、外来受付時間は大体が平日8:30-17:30程度の時間内に終わることが多く、定時通りで終わると調剤薬局やドラッグストアよりも働きやすい就業時間のことが多いです。
もちろん入院患者を受けている病院であれば土日祝の勤務や夜勤のある場合もございます。その場合には交代でのシフト制のことが多いですが、交代制でシフトを組まれる病院がほとんどで、夜勤ばかりという勤務形態はあまりございません。
主な業務としては院内調剤(院内処方をしている病院に限る)、入院患者様が使用する薬剤の調剤、服薬指導を行います。薬局との違いは、内服薬や外用薬に加えて注射薬の調剤や無菌製剤の混注、化学療法で使用する薬剤師の調製など多岐にわたるので、より多くの知識や最新の治療薬に携われる機会も多いです。
また、調剤薬局やドラッグストアと比べてより医療チームの一員として現場に携われることに大きなやりがいを感じられる方も多いです。
なお、病院によっては院内に保育施設を有している病院も多く、育休後は院内の保育施設に預けながら働くこともできるため、育休後に復帰をしやすいこともメリットの一つです。



④ 製薬関連の企業
製薬関連の企業といっても色々な職種があり一概には言えないのですが、薬剤師の方の進路として多い製薬会社MRや医薬品卸、治験関係のCRO、SMOなどでは総じて薬局、ドラッグストア、病院よりも平均年収が高い傾向にあります。もちろん個人の成績による部分も大きいのですが、MRや治験関係のプロジェクトマネージャーなどであれば年収1000万越えも珍しくありません。
また製薬関係の会社は中規模以上の企業が多く、福利厚生面も他と比べて充実しており大きなメリットです。
当然、卒業後の就職先としての人気は高く入社難易度は高くなります。また未経験からの転職が難しいという点もございます。

業務としてはMRであれば会社の製品に関する情報を適切に医療現場に伝え、製品の販売をすることが主な仕事です。医薬品卸であれば薬事法に従い適切に医薬品の保管、管理を行うことや特定の医薬品に対する問い合わせの回答をすることなどが主な仕事です。CRO、SMOでは製薬会社が開発した新薬の安全性や効果を確かめる為の治験を行うことが主な仕事です。

一般的に新卒より製薬関連の企業で経験を積まれたのち、ライフスタイルの変化に合わせて調剤薬局やドラッグストア、病院への転職をされる方はよくいらっしゃいます。
ですが逆に新卒より調剤薬局などで経験を積まれたのち、製薬関連の企業への転職というのはほとんどおらず難易度の高さがわかります。



【他の医療従事者との年収の違い】

前項では職種ごとの年収の違いについてでしたが、それでは同じ医療従事者ではどの程度年収が異なるのでしょうか。
医療従事者と言われてすぐに出てくるものと言えばやはり医師と看護師ですね。

医師というと高年収の職業というイメージを持たれる方がほとんどかと思います。実際に医師の平均年収は1500万近くととても高年収の職業ということが一目瞭然ですね。医師になるには医学部(6年制)を卒業したうえで「医師国家試験」を合格しなければならず、医学部は大学学部の中でも最難関ですので医師になることは大変困難です。
また、人の命に直結する責任ある仕事であり、勤務先によっては救急時の対応など休みの日も自宅待機している必要もあるなど、大変な仕事であり高年収ということも納得の仕事だと思います。

次に看護師となると平均年収は約500万円となります。看護師といっても国家資格に合格した看護師と都道府県によって認定される准看護師に分けられます。看護師については4年制の看護系の大学または3年制の専門学校を卒業すれば受験資格を得られるため、取得条件としては6年制の薬学部よりハードルは低めではありますが病院薬剤師の給料と比較すると同程度の給与のようですね。

まとめ

薬剤師として働いている方の平均年収を見ていただきましたがいかがでしたでしょうか。
年収は多くの方が転職の際に重要視する項目の一つであるので今回取り上げさせていただきました。
ただ、昨今では様々な要因で数年前までは売手市場で求職者有利な状況で転職活動ができていた時代から今現在では企業がしっかりと欲しい人材を選ぶ買手市場に変わりつつあります。このような状況下では今までのようなわかりやすい高年収求人もどんどんなくなっていきます。少しでも年収を上げるため、今後も企業から求められ続ける薬剤師になれるよう、今まで以上に今後キャリアプランをしっかりと考えて転職活動をすることが大事です。

ファル・メイトでは希望条件に合った求人のご紹介はもちろんのことですが、業界のプロとしてしっかりと求職者様のキャリアプランを考えたうえで一番良い方法をしっかりと提案致します。
少しでも将来について不安を感じている、転職しようか迷っているということであれば、是非一度お気軽にご相談いただければと存じます。

求人ワード検索

地域・駅・店舗・企業名

都道府県で簡易検索

関東エリア

関西エリア

他エリア

就活メイト
ご登録からご就業までの流れについて
ファルメイト新規会員登録はこちら ファル・メイトのスタッフ紹介 ファル・メイトのブログ