薬剤師の転職理由ランキング!

薬剤師の転職理由ランキング結果

上記のような結果となりました。
それではそれぞれの理由について具体的な内容を見ていきましょう。

【ランキングごとの詳細な転職理由】

1位:生活環境の変化

こちらは女性の方が多くご活躍されている職場なので納得の順位ですね。 多くの方が結婚や妊娠、出産、子育てと人生のイベントに併せて転職をされるからが多いです。特に出産後はどうしてもフルタイムや遅い時間までの勤務をすることが難しいため、無理なく子育てができる時間帯での転職をされる方が多くいらっしゃいます。 また、今まで務めてきた職場で時短勤務ができれば続けたいが、それが難しいため転職をせざるを得ないという方も多くいらっしゃいます。

2位:待遇面(給与や休み)への不満

こちらもよく転職を検討されている方からお伺いする理由の一つです。 その中でもよくお伺いするのは、残業代や残業の量と、休みや有給休暇の取りにくさに関する理由です。 残業代が出ない職場、休みや有給休暇がなかなか取れないような職場もありますし、中には人手不足な職場のため毎日数時間の残業は当たり前で、結果体調を崩されて休職をされる方などもいらっしゃいます。そのような職場で働かれている方は無理に働きすぎて体調を崩される前に転職をされることをお勧めします。

3位:人間関係の悪さ

調剤薬局やドラッグストアの場合、店舗スタッフが数人-10名弱程度の小規模の店舗で働いている場合が多いです。そのような職場の場合、人間関係が悪くなるとどうしても改善することが難しいため、転職をされる方も多いです。 大手薬局などであれば店舗異動の相談をしたりして解決することもできますが、近隣で店舗が無いもしくは人員の異動が難しい場合は勤務先を変えるために転職せざるを得ません。 中には職場でのいやがらせ、いじめが酷いから辞めましたという方もいらっしゃいますね。。。

4位:異動に伴う転職

こちらは勤務先から異動辞令が出た場合、本人が望んでいないにもかかわらず転居を伴うもしくは通勤時間が大幅に長くなることになってしまったので転職をされるというケースですね。 こちらは意外と現職先に理由を伝えて退職の旨を伝えたところ異動を無しにしていただけたケースなどもありますので先に現職先に移動が無理なことを伝えてみることもありかもしれません。 ただし、伝えた場合にそれじゃあ今月末で辞めてねというような形で次が決まっていないのに退職日が決められてしまうケースもありますので慎重に検討された方がいいかと思います。

5位:スキルアップ、キャリアアップするための転職

こちらはすごく前向きな理由での転職ですね。 今の勤務先が眼科中心で他の科目を受けていないため、もっといろいろな科目の勉強ができる薬局に転職をしたいという方や、薬局での経験を積んだので次は病院での経験を積みたいという方など色々な方がいらっしゃいます。 転職活動をされる際にはご希望条件に優先順位をつけてご自身の中で何が一番大事なのか、他の条件面についてはどこまで妥協できるのかなどを明確にするとより転職活動がスムーズに進められるでしょう。



【転職理由別 転職を成功させるためのアドバイス】

それぞれの転職理由ごとの転職活動を成功させるためのアドバイスを記載する前に、大前提としてまずは押さえておきたいポイントを5点、記載させていただきます。

① お住いのエリアでの正しい給与相場を把握すること
今までが大変な売り手市場であった薬剤師の求人に関して未だに同じような条件でも転職ができると思われている方がいらっしゃいます。 しかし実際には薬剤師の不足状況は緩和されつつあり、一昔前のころのように好条件の求人自体がなかなかでない状況に変わってきております。 企業が薬剤師を選ぶ状況になりつつある中で、相場とかけ離れた年収、時給を希望される方は書類の段階で落とされることも珍しくありません。

ただし、明確に今よりも年収を上げたいためだけに転職をしたい。現職先で継続して勤務していくことになっても特に問題ないというような方であれば年収、時給がいくら以上であれば転職しますと明確にしてもいいでしょう。

② 前職先のことを悪く言わない
人事は採用をすることが仕事なのではなく、自社で活躍してくれる方を採用することが仕事です。そのために意図的に話のしやすいフレンドリーな雰囲気で面接を進められる方もいらっしゃいます。ですがあくまでそれは色々と話をさせることにより自社で活躍ができる人なのかを見極めるために行っていることです。
その場の雰囲気に勘違いをして、前職の悪いことを言ったり、ビジネスマナーがおろそかになってしまったりすると内定をいただけないこともありますので注意しましょう。

③ 複数の紹介会社に一斉に登録をしない
よくインターネット上で見かけるランキングサイトなどでは複数社に登録をしようと促している記事なども見かけます。 こちらは一概に悪いということではないのです。ただ一斉に登録をすると各社より連絡が頻繁に来るので、対応に大変時間がかかるため人によってはストレスになる方もおります。
また、各社よりいろいろな調剤薬局に求人の有無を問い合わせるため、本人が応募意向を伝えていなくても簡単な概要を薬局に伝えることになります。そのため人事の方によっては複数社に登録している方に悪い印象を持ちになられてお断りをされるケースもございます。 少なくとも転職サイトの利用が初めての方であれば最初は1社にだけ登録をしてみることをお勧めいたします。 その後、登録後の流れがわかった段階で、必要であれば追加登録をすることを検討された方が良いかと思います。

④ 担当者のやる気を引き出そう
自分に合った担当者を見つけようという記事などもよく見かけますよね。
もちろんそれも大事なことです。 ですがそもそも担当者にやる気を出させることも大事なポイントです。 例えば求人を案内しても反応が無い、電話も一切つながらないという方がいた場合、そもそも転職を真剣に考えているのかもわからないですよね。そうなると担当者はあなただけを担当しているわけではなく、10名、20名と多くの求職者を担当しているので他に真剣に考えている方の求人をまずは探そうとなります。 しっかりと優先的に求人を探していただけるよう担当としっかりとコミュニケーションをとること、併せて見つけてくれた求人の感想なども共有するなどしておくとやる気を出してもらうことができるでしょう。

もちろん現担当が合わないと感じた場合には率直に担当変更を依頼しましょう。もし担当変更をしていただけないようであればその会社では見切りをつけて他の紹介会社に登録をすることも一つの手段です。その場合には③に記載したように薬局への問い合わせが重複しないように今後は求人を探していただかなくてよいことをしっかりと伝えましょう。

⑤ 転職をしないという選択肢もあること
あくまで転職というのは今よりもより良い環境、条件で就業をすることが目的のはずです。いつの間にか担当に勧められるままに、当初の目的を満たしていない転職先に決まってしまった。ということが無いように注意をしましょう。
求人を探していただいた結果、現職先が一番良い環境、条件であるとわかることで、現職先で満足して勤務を続けることもできます。 転職をしないという選択肢も含めて自身が一番望ましい選択肢を選ぶことを心がけましょう。

上記5点を意識しながら実際の面接に向けてしっかりと準備をすることが転職成功への近道です。
それでは転職理由別に面接時に注意するべき点を見ていきましょう!

まとめ

時代とともに転職がとても身近なこと、当たり前のことに変わりつつある現在ですが、それでもやはり転職回数が多い方に対して悪いイメージを持たれる人事の方も多くいらっしゃいます。
もちろんしっかりとした準備、対策をすることでイメージを払拭することもできますが、そもそも必要のない転職を繰り返さないことが何よりも大事なことです。 将来を見据えて安易な転職を繰り返さないためにも、転職をする際には何を求めているのか、どうすることが良いのかを明確にし、ご自身で納得して転職できるよう転職活動に取り組みましょう。 そのためには働きながらのため時間的、精神的な余裕が無い場合もあるかもしれませんが、転職後の5年、10年、それ以上に長い時間を満足して働くために少しだけ頑張ってみましょう!

ファル・メイトでも転職活動を全力でサポート致しますので、迷われている方はまずは一度お気軽にお問い合わせくださいませ。

求人ワード検索

地域・駅・店舗・企業名

都道府県で簡易検索

関東エリア

関西エリア

他エリア

就活メイト
ご登録からご就業までの流れについて
ファルメイト新規会員登録はこちら ファル・メイトのスタッフ紹介 ファル・メイトのブログ