薬剤師業界の就職試験について

医薬品メーカー・CRO・SMO 病院 調剤薬局・ドラッグストア
SPI試験(国語・算数・適正検査) 一般常識テスト 語学力の試験 (英語での志望動機や自己紹介など) 治験についての作文 計算力、気息性や法則を 短時間で見つける問題 国家試験基礎レベルの筆記問題 英語論文の 専門科目、和訳 医療に関する 時事問題 小論文 小論文 SPI試験(国語・算数・適正検査)
一般教養試験、専門試験、小論文
個人面接
面接担当者と学生が1対1で向き合う「マンツーマン形式」もありますが、 一般的なのは、学生1人に対して2~3人の面接担当者によって行われるケースです。
最終面接になれば、役員クラスが学生1人の前にズラリと並ぶ場合もあります。 一回の面接時間は、およそ20~30分程度。
グループ面接と比較すると、話をする時間はかなり長くなります。 また、それぞれの担当者が一つの質問に対して深く掘り下げて話を聞いてくるため、 伝えたいことを事前に整理しておかないと回答に窮することにもなりかねません。
好印象に見せるポイント
面接官と「会話」をすることを意識しましょう。 準備しすぎて棒読みの質問回答の仕方では面接官もガッカリです。
また、相手に伝わりやすい話し方をしましょう。

  • ①質問の回答【結論】から話す。
  • ②その事項の理由づけ。
  • ③その事項から学んだこと。
と話すと、聞いている側はとても聞きやすいです。
集団面接
面接の初期段階に実施されることの多いグループ面接の一つのスタイルです。
「4~5人の学生が一堂に会し、一回の面接に要する時間は30~40分程度」というのが一般的のようです。 学生1人あたりの持ち時間は5分程度と非常に短く、回答する順番も一定ではありません。 また、誰かが発言している時の「人の話を聞く態度・姿勢」が評価の対象となる場合もあるようです。
ほかの学生の発言内容について意見を求められる場合もあるので、 自分の回答を整理しながら、人の意見も常に注意して聞くという心構えが必要です。
好印象に見せるポイント
回答時間が短いので、端的に話す内容はまとめましょう。
また、他の学生の話が自分の意見と同じだったり、 素晴らしい成績の人の話が合っても動揺しないこと。

面接官は【目立つ学生】を採用したいのではなく、 その気象に合う人材を求めているので、自身をもって自分をアピールしましょう。
グループディスカッション
企業から与えられたテーマについて、複数の学生が議論して結論を発表し、 そのプロセスを人事担当者が評価するグループ面接の一つです。 「4~7人の学生が参加し、30分前後のディスカッションを行う」というのが一般的のようです。
全体の進め方としては、司会、書記、タイムキーパーなどの役割分担や進行方針を定めてから議論を始めるというケースがほとんどです。 与えられたテーマについて全員で議論し、 結論を人事担当者にプレゼンする「ディスカッション形式」、
あるテーマについて「賛成」「反対」の異なる見解を有する2つのグループに分かれて討議する「ディベート形式」などがあります。
好印象に見せるポイント
発言内容だけでなく、議論への参加の姿勢や貢献度なども評価のポイントとなります。

「自分の役割」「他人の役割」「チームの目標」の3つをすべて達成することで、ディスカッションの結論よりも、個々の振る舞い(プロセス)が大切なのを意識しましょう。

求人ワード検索

地域・駅・店舗・企業名

都道府県で簡易検索

関東エリア

関西エリア

他エリア

就活メイト
お友達紹介キャンペーン
ご登録からご就業までの流れについて
ファルメイト新規会員登録はこちら ファル・メイトのスタッフ紹介 ファル・メイトのブログ